毎日の健康維持のため

継続しやすさで選ぶ青汁

続けて飲むことでアンチエイジングや体質改善などの効果があるとされている青汁ですが、
青汁初心者の方に多いのが「体に良いことはわかっているのに、
青汁を飲むことをなかなか習慣にできず継続できない」という声です。

何事もそうですが、新しいことをはじめるときに関門となるのが、
そのことを習慣化することだといわれています。

自己啓発本などでよく目にするフレーズに「3週間続けられれば習慣になる」という言葉がありますが、
やはり生活のなかに新しいことを取り入れるためには、それなりの期間が必要になってきます。

青汁を飲むことを習慣にするためには、青汁に対するマイナス要素を排除していく方法がいくつかあげられます。

まずは「味」に対する印象です。

青汁の主原料には多くの種類がありそれぞれ成分や効果にも特徴があります。
そのなかでも味やクセの違いが一番わかりやすいのではないでしょうか。

昨今、様々な種類の青汁が販売されていますが、各メーカーごと工夫がみられ、
小さい子供にも飲みやすいようにフルーツ類やはちみつ味などの青汁が出回っていますので、
その中から好みの味を見つけることで青汁を飲むことへの抵抗感が緩和されると思います。
また、青汁をヨーグルトで割るなどのおいしいアレンジ方法もたくさんありますので、
そういった方法からお気に入りの味を見つけるのも良いでしょう。

また、原材料によっても大きく味が変わってきます。
栄養面での成分量が高く人気のクロレラやケールは、
独特の苦味やクセがあるため、苦手な方も多いといわれています。
そういった方は、若干成分量などではおとりますが、
比較的クセがなく飲みやすいとされている大麦若葉の青汁を試してみることをおすすめします。

でもやっぱり、苦くても栄養面での妥協はできないというかたは、
クロレラやケールの粒状タイプの青汁を選ぶと大分飲みやすさが変わってくると思います。

粒状タイプの他にも、一般的な粉末タイプや冷凍タイプなどの種類がいろいろ出ていますので、
最初のうちは内容量の少ないものから初めて、様々な種類を試したのち自分にどれが一番しっくりくるか、
無理なく続けることができそうかということを判断していけば良いでしょう。
自分に合うものが見つかったら、続けるためには次にコスパも関わってきますよね。
青汁のお得な買い方を是非知って、お財布にも優しく続けましょう。

いくら知人や著名な人がすすめているからといって、必ずしも自分と相性の良い青汁とは限りません。
まだ自分に合う青汁が見つからないという方も、市場には沢山の種類が売られていますので、
きっとお気に入りの種類が見つかると思います。
また、青汁を使ったアレンジメニューも多くありますので、普通に飲むことに飽きてしまう人は色々試してみてください。

Menu