毎日の健康維持のため

クセのないケ-ルの錠剤タイプ

せっかく青汁を飲むなら、少しでも栄養価が高く、いろいろな有効成分が入っているタイプの青汁を選びたい
というのが誰もが思うところだと思います。

青汁は主原料によって様々な種類の商品が売り出されていますがその効用や成分量はまちまちです。
そのなかでもクロレラやケールは成分、栄養価ともに申し分なく、特に「野菜の王様」の異名で知られる
ケールを原材料にした青汁は多くの青汁愛好者の間で支持され続けています。

しかし漢方などもそうですが、体に効くものは往々にして「苦い」ものです。
例に漏れず、このケールも食品としては非常に優れてはいるのですが、いかんせん独特のクセと苦味があり、
加熱するなどの加工を行ってもあまり味に変わりばえがないものですから困りものです。

ですから一般的な粉末タイプの青汁ですと、
飲みにくいためケールの青汁を敬遠されるかたも少なくないようです。
とはいっても、野菜の王様であるケールが本来飲みやすい青汁になっていることを
無駄にするのはもったいない気がしますよね。

そこで、一般的な粉末タイプのケール青汁がどうしても苦手だという方には
味もあまり気にならない錠剤タイプの青汁を試してみることをポススメします。

青汁なのに錠剤??と思う方もいらっしゃると思いますが錠剤タイプは単純に、
粉末形状の青汁を粒状に凝縮したものと考えれば成分的にはほぼ変わりはありません。

それでも粒の塊を青汁と呼ぶには抵抗があるという方は、水分で錠剤をおなかの中に流し込み、
体内で青汁を調合するというようなイメージを持たれると、ふむふむと納得いくのではないでしょうか。
と、頭であれこれ考えるより「苦い青汁を飲みやすくしたものが錠剤タイプ」ですから、味や独特のクセが苦手で
チャレンジしなかった方は、是非一度錠剤タイプのケール青汁を飲んでみてほしいと思います。

飲み方や摂取タイミングも通常の粉末タイプと変わりませんので、
今、健康のために粉の青汁を飲んでいるけれど「美味しくない」と感じている方は、
粒タイプの青汁にチェンジすることで味に対するストレスから開放されるかもしれません。

Menu